スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEGA グフカス その4

まずは展示会の告知です。

b0026057_22265511.jpg

3月22日に宮城県で開催されます「みちもで2015」です。
仕事的に微妙な時期ですが、とりあえず体さえ空けておけば、SVXさんとterasawaさんが連れて行ってくれるはず(笑)
WMコンペや女性パイロットの乗機コンペもあるそうです。

お近くの方は、是非!!

そろそろ、自分たちの展示会も準備をしないと・・・




グフカスです。

とりあえず、特徴的な胸部を製作。

正面
DSCF4041.jpg

左前
DSCF4039.jpg

右前
DSCF4046.jpg

胸側面の突起物は、雰囲気によるプラ板工作。
一応、左右同時に作ったので、ある程度は対象(汗)

胸正面はHY2Mのグフのを半分にカット。
上側は中央部のRを緩やかに。
下半分は、プラ板の積層で大体の形を作ったのち、黒瞬を盛り付けてひたすら削る。
黒いので、キットのパーツみたいで苦労が良くわからない(汗)

コックピットハッチもプラ板で延長ののち、黒瞬を盛ってRが付くように削ります。

腹部は、ザクのパイプ基部を超音波カッターで切り取った後、プラ板で蓋をして黒瞬を盛った後、ガシガシ削ります。

基本、プラ板工作の後に、黒瞬を盛り&切削の繰り返しです。

グフカスになってきたか心配なので、過去作の1/48グフと比較

正面
DSCF4052.jpg

左前
DSCF4053.jpg

右前
DSCF4054.jpg

2機並べて
正面
DSCF4059.jpg

左前
DSCF4062.jpg

右前
DSCF4055.jpg


どうでしょうか?
頭部の動力パイプはまだですが、グフカスっぽくなってきたと思いたい!

ザクベースなのに、グフとグフカスを比較するのも変な気がしますが、ザクと比べてもねぇ・・・(汗)

そこは、やはり

「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」 ってことで(笑)


スポンサーサイト

MEGA グフカス その3

デフォルメ選手権用にとSDのキットを見に行きましたが、ガンダム系がちょこっとある位でほとんど店頭在庫が無いのですね(汗)
早くネタを決めて、キットを確保しないと田宮祭りになりそうです(滝汗)

で、店頭でこんなのが掲示されていました。

2015.jpg


恒例のホビーロードのプラモデルコンテストです。
プラモを復帰してから、ずっと出品していましたが、昨年は間に合わず不参加に。

市内、唯一となった「模型店」のコンテストなので、今年は頑張って間に合わせたいと思います!
・・・レギュのサイズだけが心配です(笑)



で、グフカスです。

ザクの頭部を芯にしています。

DSCF4078.jpg

DSCF4084.jpg

頭頂部を裏打ちした後に、ゴリゴリと潰れた感じになるように削ります。
ザクのパイプ基部を超音波カッターで切り飛ばして、黒瞬を盛って削ります。
上部の前側&ブレードはHY2Mのグフから流用して、黒瞬盛って削ります。
下側は裏打ち後、下側にテーパーが付く様に削ります。

パイプやブレードの成型はまだですが、とりあえず「悪そうな」顔になったかと。

最終的には、5mmのLEDをぶち込むので、もう少しモノアイは見えるでしょう。
口のフィンも作り替えは方が良いなぁ。

MEGA グフカスタム その2

先週、高校の後輩から、「息子がガンプラにはまったので、今度汚し塗装を教えてくれ」とメールが着ました。

プラ板でのスクラッチなら教えられるんですが、汚しはほとんどやったことないからなぁ・・・(汗)
とりあえず、今度会ったら「罪プラ」をくれて黙らせようと思います(笑)


さて、模型ブログらしく使って良かったアイテムの紹介です。

プラモを作るにあたって「ヤスリがけ」って避けては通れない道ですよね。
以前は、WAVEのやすりほうだいにタミヤのペーパーを貼っていたのですが、酷使しているうちに段々粘着力が落ちてうまく貼れなくなりました。
一時、入手困難になり今はHIQのリタックススティックを使っていますが、やはり段々粘着力が落ちてきました。
(特にはじっことか)

リタックススティックも安くはないですし、いちいちペーパーに両面テープを貼るのはメンドクサイし、なにか良いものは無いかなと思っていましたが、接着剤売り場で面白いものを見つけたのでためしに買ってみました。

DSCF4034.jpg

セメダインの弾性接着剤です。

PPやPEにも、そのまま使えます。
というか、完全硬化しません。 ←ここが大事!

ますは、余っていたHIQのリタックススティックのフィルムを剥がして脱脂します。
その後、セメダインBBXを薄く塗布します。

DSCF4049.jpg
(ちょっと、塗りすぎました)

ある程度、乾いたらリタックススティックの表面は「テープのり」の様な感じになります。
乾いたらペーパーを貼り付けて使用します。

ヤスリがけ後、ペーパーを剥がしてもリタックススティックの表面がべとついているので、次のペーパーを貼り付けることが出来ます。

HIQのリタックススティック(正規の粘着フィルム)と交互に1週間程度使って見ましたが、粘着力の低下はBBXを使った方が少ない気がします。

端っこの方の粘着力が落ちても、そこだけ新たに塗布すれば復活しそうだし、なにより20mlも入っているので、物凄く経済的です(笑)


ついでの、グフカスです。

MEGAザクでは、腕が長く感じるので上腕で2mm程度詰めます。

DSCF4036.jpg

まずは、フレームのPCが入るところでカットします。
(左側の7番のパーツはカット済み)
その後、外装をカットします。
この工作によって、もともと肩と上腕に若干隙間が空いていることも解消されます。

下腕は以前「グフ」を作った際に作った型にキャストを流して複製しました。

DSCF4076.jpg

これで、「グフ」の腕になりました。

DSCF4075.jpg

手首バンドは、全体のボリュームを見てから製作します。

ガトリングが保持できるか、物凄く不安です。

みっしょん こんぷりーと &ガン王

今更ながら、本年も宜しくお願いします♪

まずは、コチラから
20141128014809c03.jpg

詳しくは↓
chibashibo_deforme_S.jpg

千葉しぼり主催の全日本ディフォルメ選手権に無事エントリーできました(汗)
入金確認も済み、本エントリー確定です。

申し込み開始日を1日間違えていて、何気にHPを確認したらすでに140人超の参加表明が・・・(滝汗)
慌てて、申し込みの書き込みをして、SVXさんとterasawaさんにも催促メール。
(SVXさんはデフォルメ屋さん枠で参加でした・・・)

参加メンバーは総勢200名弱らしいいですが、ライターやら原型師やら物凄い顔ぶれなんですが(汗)
もう、フリーザさまや魔人ブゥに立ち向かうおっさんですよ。

112429.jpg

しかも、SDなんてほとんど作ったことないのでどうなることやら・・・。
近場にSDマイスターのSVXさんがいるので、相談しまくりでなんとか楽しんできます。(宜しくね)


その前に、今年こそは「ガンプラ王」で頑張ろうと年明けから、ぼちぼち始動しました。

今年は、メガザクベースで「グフカス」でいこうと思います。
流れでいくと

dd5ad512.jpg

             

052b4782.jpg

             


n_ms_12.jpg

こういう感じ!?
もう、何言っているかわかんないけど、要はメガザクでグフカス作ります!

2年前に、メガザクベースでグフを作った際に、いくつか複製したパーツがあるので、たぶん逝けるんじゃないかと・・・

いや、見比べると全然ちがうな(汗)


とりあえず、特徴的な肩アーマーから

ベースはHY2Mのグフを使用します。
スパイクをカットしたのち、アーマーの淵にプラ板(1mm×2枚)張って大型化。
その後、グフではゆるい逆エッジを軽くけがいた後、デザインナイフでひたすらカンナ掛けしてエッジを出します。
基本、雰囲気で(笑)

DSCF4021.jpg

右が形状変更後です。

スパイク長は、先端を尖らせてから、根元で6mm延長後、スパイクの先が内側に向く様に固定します。
DSCF4030.jpg

スパイク短は、ウェーブのバーニア(特大キット)とアルミ円錐(φ20×h20)を複製して数をそろえます。
コチラは、グフの時に作った型を使って複製しています。
DSCF4025.jpg

×4
DSCF4026.jpg

セット
DSCF4027.jpg

完成
DSCF4050.jpg

プロフィール

拓

Author:拓
大きいガンプラを中心に製作しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。