スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 MEGA グフ

今週は仕事が物凄く忙しくて、まったくプラモが出来ませんでしたので、過去作でお茶を濁します(汗)

今年のガン王2013に出品しました、1/48 MEGA グフです。
残念ながら、前回同様に編集部の現物審査まで進みましたが、入賞は出来ませんでした。

今月頭に開催された、RRMの展示会では「メガでグフが出てたんだぁ」と結構スルーされました(泣)
ある意味、キットみたいというのは褒め言葉なのかもしれませんが、コンテストでは目立たないんですねぇ。

次回作には、なにか印象に残るモノにしたいものです。

DSCF2676.jpg



DSCF2711.jpg

DSCF2773.jpg

DSCF2743.jpg

DSCF2666.jpg

基本的にMEGAザクをベースに、HY2M(1/60)を切り刻んで幅増し&延長しています。

下腕、脛、などは異素材だらけになっらので、複製してキャストに置き換えています。
脛なんて、型の配置が悪かったのかシリコン2kgでも足りなかったです・・・。

DSCF2586.jpg

DSCF2602.jpg

DSCF2794.jpg

モノアイはタミヤの音センサーキットを使ってLEDのON/OFFしています。

DSCF2611.jpg

DSCF2612.jpg



覚書

頭部

メガザクをベース
下側は裏打ち後下に向けて傾斜がつくように削り込み。
上側は前部をHY2Mのグフから移植し、黒瞬でラインを修正。
後部のパイプ受けは、ザクのを切り飛ばし、プラ材でスクラッチ。
動力パイプはグフの胴体部のを流用。
モノアイには5mmの赤色LEDで電飾。
首のPC内を通して、胴体へ。


胴体

胸部はグフそのまま。ジオンマークはビルダーズパーツの新製品で立体的に。
腹部はザクのパイプ受けを切り飛ばし、ウエーブの軽量エポパテで整形。
コクピット部は下側をエポパテで延長。
腰アーマーは、サイド、後部とも6mm幅増し。
上下方向はそのままとし、ミニスカ効果で足長、ふともも強調の方向で。
股関節は10mm幅詰め。
動力パイプはメガザクの脚部の動力パイプを芯にして整形後、複製。
パイプ+7mmビーズをテグスで接続。頭部との整合性を出しています。
バックパックは、上下で10mm左右で1mm幅増し。
上側は開口後メッシュを貼り付け。
バーニアはアルミ製に変更し、PC接続に変更。


腕部

肩アーマーはグフの淵をカット。
スパイクの基部はウェーブのバーニア、スパイク小は20mmのアルミ製
円錐を複製しています。
スパイク大は根元で2mm延長。先端を尖らせています。
上腕は長く感じたので、5mmカット。
下腕はグフのを左右方向に4mm幅増ししたのを複製。
手首は、右はザクはそのまま。左はグフのを隙間を少し狭めただけ。


脚部

腿は左右方向に8mm幅増し後、エポパテでライン修正。
ザクのフレームに被せれる様に変更。
すねは左右方向に4mm、上下に14mm、前後に上2mm下6mm幅増し後
複製。
足首は、甲のパーツをカット後4mm幅増し、フレーム側に10mm延長。
稼動軸を2軸にして追従しやすい様に変更。
フレーム部がさびしかったので、ひじの丸いパーツを左右に追加。
8mm-10mmのダミーシリンダーを追加。


ヒートロッド

グフのものをそのまま。


電飾

モノアイのLEDを音センサーにてON-OFF制御。
基本的には、手をたたくとON。再度てをたたくとOFFします。
センサーに息を吹きかけ、「戦場の風」を感じたり、「ザクとは違うのだよぉ~」
と叫んでもON-OFFできます。


塗装

本体は、サフの後フィニッシャーズのファンデーションホワイトを塗装。
青    フィニッシャーズ・フォーミュラフレンチブルー+ガイア・蛍光ピンク少々
グレー  ガイア・ニュートラスグレーⅢ&Ⅳ
黒    クレオス・ブラック+クレオス・ネービーブルー
スポンサーサイト
プロフィール

拓

Author:拓
大きいガンプラを中心に製作しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。