スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました

昨日、新潟ユニゾンプラザにて第7回NIPCOMプラモデル展示会が開催されました。

実は、私事ながら前日まで1週間ほど入院しておりましていろいろとご迷惑をおかけしました(汗)
3、4日ほど絶食生活をしていまして、その後も、ほぼベットの上の生活という状態でして、体力は開始前からほぼゼロな状態での展示参加でした。

一応、病室にはノートPC,タブレット、スマホを持ち込んでネット環境は構築できたのですが、もう、楽しみは売店で買うお茶の味を選ぶ位の生活でして・・・。

そんな、体調でしたのであまりお話&作品観覧ができず残念でした。
これから、各所でUPされる記事を楽しみにしています。



かなり、ピンボケが多く使い物になるないのが多く残念です。
そんな状況で、撮影した数少ない画像です(汗)


DSCF4767.jpg

まずは、会場です。
下見時は、空調もバンバンだったのですが、来場者の熱気にはキャパオーバーでした(汗)
ちなみに、前回(新津美術館)より全然広いです。(約1.7倍)
通路幅も10%以上広く取っていたのですが、狭く感じました。

もう1つ広い部屋があるのですが、会場費が上がるのが痛いです。
この辺は、反省会のときにでも相談ですかね。

で、作品です。

DSCF4950.jpg
青黒ヘビさんのアスカ
さすが、バ○ダイのフィニッシャー経験者。エロイ!

DSCF4952.jpg
ワンダー丸さんのアイアンフット
たぶん144の凄く小さい作品。
小ささを感じさせない工作に脱帽です。
タカラの72をいつか成仏させねば(汗)

DSCF4956.jpg
SSCさん改めSS兄さんのディープ
まさか現物が見れるとは!
製作途中も見ているので、完成品も見れて凄くうれしいです。
いろいろな意味で月末が楽しみです。

DSCF4968.jpg
幸せオーラ全開のがんかすさんのナウシカ
残念ながら正面はピンボケでした(泣)
今更ながら、凄いです。
元キットを見ると全然違うんだろうなぁ・・・

DSCF4973.jpg
つとむさんのローゼン
塗装が最高。
パールの具合がグーです!
お話できなかったのが残念。

DSCF4975.jpg
keinさんのファッティー
もう、汚させたらこの人!って感じの職人技。
設定ではちょっと浮いた感じの色味も、ボトムズの世界観にマッチする仕上がりは流石です。

DSCF4982.jpg

ハルウミさんの3本足の懐中電灯(笑)
RRMの電飾職人。
まぶしくない電飾方法を相談しようと思ってて忘れてた。

でも、これ、まぶしい。。。。

DSCF4989.jpg

kenkenさんの陸ガン
いや、獲物をさがしているハンターだな。
マントがお気に入りです。

DSCF4969.jpg
Kちゃんのギャンギャギャン
ベースは○△□かな?
来年はギャンバルカンでお願いします。

DSCF4993.jpg
ビックダディことジョニポンさんのバウンドドック
画像で見たい上にカッコイイ!
昨年の展示会帰りに、飯食いながらスカートの制作方法で盛り上がったのが懐かしい。

DSC_0286.jpg
ジョニポンさんへのおまけ
例のとんかつ金子のチャレンジカツどんの画像です。
カツ少ないとお思いでしょうが、カツ+ご飯が5層になっています。
少なくとも、カツは15枚以上あります。
しかも、大学前という立地なので、飯の盛り方が半端内です。
完食しましたが、しばらく動けませんでした(汗)

DSCF4992.jpg
最後に、ワンダー丸さん、SSCさん、拓のギラドーガ。
たぶん、最後であろうオラザク入賞作品の集合です。
みんな、近くて良い人たちで良かった!



体調不良もあって、ほとんど撮影していなかったりピンボケだったりと、ある意味編集は楽な展示会でした(笑)
作品総数は、約460弱と大変多くのモデラーさんのご協力により無事開催にこぎつけて大変ありがとうございました。

次回こそは、体調万全で参加したいと思います(汗)
スポンサーサイト

NIPCOM 7th プラモデル展示会

NIPCOM7th.jpg


第7回 Niigata Plamo Community プラモデル展示会

日時 2014年 7月20日(日) 10:00~16:00(最終入場15:30)

場所 新潟ユニゾンプラザ 4F 大会議室
    新潟市中央区上所2-2-2  ※駐車場無料(220台)

入場無料・撮影大歓迎です。


宜しくお願いします。

足の無い奴

諸事情により、病室からこんばんわです。

サブマシーンのノートPCの液晶に縦に線が入って、ちょーブルーです(泣)

サブの癖に、スペックそこそこにしたら、重くて(大きくて)持ち運びが不便なんですよ。
コレを気に、軽量なものに入れ替えるか悩むところです。

まあ、持ち運びならタブレットを活用すればよいのですが・・・



で、本題です。

巷で噂のHGUCネオジオングですが、当然の様に我が家にもやってきました。
当初、完成&お披露目予定だったNIPCOMには、残念ながら間に合わなくなってしまったの

で、ここまでの製作記&注意事項などを書きたいと思います。

まず、箱がでかい&重いです!
でかさは、ネットで色々と出ていましたが、それ以上に重いです!

腰の悪い人は、本当に気をつけて部屋にお招きしましょう(笑)
箱には5.2kgと表記がありました。

あと、我が家では縦にしないと階段もドアもクリアできませんでした。
横にして運ぶと弾かれます(汗)



部屋にご招待しましたら、開封してパーツのデカさに笑ってください。
デカモノの楽しみ方です。

過去に造詣村(B蔵)の1/220のビグザムのパーツのでかさに爆笑しましたが、あんなのは
かわいいです!


一通り、楽しんだら仮組みです。
ここでの注意点は、広げすぎると訳が分からなくなります。
それなりのパーツ数ですが、1ランナー2パーツとかのもあるので、ランナー数が多いです。
また、HGUCシナンジュ(クリアパーツなし)が普通に混じっています。

まずは、シナンジュを先に製作をお勧めします。
あんな物と戦った後では、シナンジュまでモチベが持ちません。

あと、楽しいからといってプロペラントタンクを先に作ると邪魔です(笑)

基本的には、説明書通りで進めて問題ありませんが、腕のパーツは別にしておいた方が他のパーツを探すのに楽かもしれません。
腕×6本はそれなのボリュームです。

パーツの切り離しの際は、しっかりパーツを押さえてから切りましょう。
通常、ゲートが1箇所でもあれば保持できますが、パーツが重く自重でゲートから千切れることがありますので注意が必要です。

パーツ構成は、基本的にメガと同じ感じですが、とても組み易くなっています。
ただ、メガと比べてパーツが大きい分ヒケや捲れが多いです。


続いて、表面処理編です。

まあ、やっぱり、それなりに大変です(汗)
今回は、基本#400→スポンジやすり(Sミディアム)です。
引けの大きいところや、大きな平面は#180からスタートしました。

それでも、田宮のペーパーで#400×6袋、#180×1袋消費しました。
ペーパー代だけでHGUC買えそうです(泣)

当然、粉塵も多いので簡易でも良いので、集塵機の使用をお勧めします。


処理は、まずパーツの外周のソリというか捲れを処理します。
これは、成型時の収縮率の問題かと思います。
通常サイズでも、若干あります。

次に、表面を一撫でします。
大体、ダボの裏側がヒケていますので、処理します。

ヒケは基本的に、パーツは肉厚なのでパテを盛らなくてもほとんどクリアできます。
逆に大きいキットでむやみにパテ類を盛ると、後処理に苦労しますのでご注意を。

ダボは5~10mmと大きいので、受け側をニッパーで切れ目を入れます。
こうしておきと、それなりの保持力を持ったまま分解が可能です。

腕部にはおもいっきり合わせ目がでます。
ここは、ホビージャパンの作例を参考に合わせ目位置を変更します。
×6の作業は、ライン作業に従事している感じです(笑)

肩のサイコシャドー部の後ハメも作例のままです。
ここは表面にでないので、超音波カッターでグイグリとカットします。

コレを延々と繰り返すと終わります(笑)



大変組み易く、色々と考えられているキットなので、是非作ってみて下さい!










プロフィール

拓

Author:拓
大きいガンプラを中心に製作しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。