スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16回 オラザク選手権

モデラーの夏休みの宿題=オラザクに初めて参加しました。

ガン王のリベンジと展示会の準備で忙しかったので今年も見送りかなと思っていましたが、「ギラドーガ部門」という突貫(笑)部門があるということで、参加しました。

1ヶ月ってキツイよね。といきつけの模型店で話していたら、いつもの製作とたいして変わらないじゃん。という店長の後押し(?)により製作開始。

時間が無いなら、余計のモノを作らなければいけるんじゃない!ってことで製作開始。
肩アーマーやシールドはランナーに付いたまま完成しました(笑)


イメージとしては、UC0096に生き残ったジオン残党が、地上での運用を考慮して装備の簡略化をはかった機体。
陸軍の歩兵とい感じ。
トリントン襲撃に合わせて、晴れ舞台の為リペイントしていたら乗り遅れちゃった。っていう裏設定もあります。
なので、汚しはなしです。

塗装前

DSCF3177.jpg


DSCF3168.jpg

頭部
 
首の取り付け位置を後方に3mm程度変更後、側頭部ダクトの淵をうすうすに修正。
口部は「ギラズール」に繋がる様にプラ板にて大型化。
モノアイは赤色LEDにて電飾加工。

胴体

ギラズールを意識して、腹部にて6~12mm延長。それに伴い間接部を新造。
マッチョな出渕版ドーガからスリムなカトキ版ズールのイメージです。
腹部の延長・スリム化の為、動力パイプが余った為、パイプレイアウトを変更しています。
股間のガードも腹部延長に合わせて5mm程上方に延長しています。
地上で歩行することを考慮してサイドアーマーはマラサイから流用して小型化しています。
胸部は地上での運用を考え、コクピットから機体上部へのアクセス用タラップを真鍮線で
再現しています。

腕部 

地上運用で邪魔になりそうな肩アーマーは取り外し、シンプルなデザインに変更。
兵士のジャケットをイメージしています。
丸い肩アーマーはダイソーの計量スプーンを加工しています。
肩にはメンテナンスや降下作戦でも使用出来そうなフックを装備しています。
(1/35の真鍮のシャックルを使用)
シールドはゲルググマリーネを参考に手持ちにしています。
ライフルはゲルググVer.1から流用し、脚部は開いた状態に変更しています。

脚部 

歩行出来る様に、シンプルにしています。
アンクルアーマーはキットのフレーム部のみです。
陸戦型ガンダムを参考にひざにはスパイクを追加しています。

背部 

地上用ということで、バーニアを割愛しています。
その分、通信用アンテナ、冷却用ダクト、スモークデスチャージャーを追加しています。
腰部には、いざという時の為に、実剣タイプのダガーを装備しています。

塗装

ガイヤノーツのドイツ軍カラーを使っています。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

拓

Author:拓
大きいガンプラを中心に製作しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。