スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A

NIPCOMの展示会中にいくつかご質問頂いたのですが、バタバタしていて上手く伝わってないかもしれないので、改めてご回答致します。

Q たいすけさん、拳王さんからご質問のギラドーガの肩のパーツは?

A ダイソーの計量カップです。

DSCF3197.jpg

DSCF5760.jpg

この手のものでは、珍しく「ポリスチレン(PS)」製ですので、普通の接着剤でも加工ができます。
大きさ違いで、6種類はいっていますので複数買っておくと「球」なんかも簡単にできます。

1/48のたいすけハンドや拳王バーニアの開発お待ちしています(笑)



Q M’sさん他から「ケンプファー」の塗装方法は?

A つや消しキャンディ塗装になっています。

DSCF5406.jpg

下地処理後→クレオスの黒サフ#1500→ガイア・スターブライトシルバー→ガイア・プレミアムブルー(初代)→ガイア・フラットクリアー+クレオス・なめらかスムースの順で塗装しています。
(シルバーはガイアのメタリックマスターで希釈)

シルバー前は、つやありのブラックの方が断然シルバーの輝きが違うのですが、工数の省略と塗膜が厚くなるのを防ぐために黒サフで塗装しています。

メタリック塗装でのポイントは、高めの圧でふわっと塗ることです。

DSCF5761.jpg

ブラシのニードルキャップをはずして、圧は0.8から1.0位かな。
通常より距離をはなして、塗料の霧で包む感じです。
塗料の消費(無駄)は若干多いですが、リターダー効果もあって綺麗に塗れます。
(デカモノは塗装面が大きいためいつもこの塗り方でやっているのです。)

ガイアのプレミアムシリーズは、クリアーぽい塗料ですが、クリアカラーと違い、ある程度塗り重ねても濃淡の違いが出にくいので
扱いやすい塗料だと思います。

シルバー後の塗装は、軽く砂ぶきした後しっかり乾燥(24時間以上)してからやると、シルバーの流れ出しが出にくいと思います。

余談ですが、アルプスのMDプリンターでシルバーで出力したデカールにつや消しを吹くと、いい感じのグレーになります。
中間色が苦手なプリンターですので、とても良い発見でした。



Q ken16wさん他 リック・ディアスってどこいじったの?

A 主に、腹部と脚部の間接で延長しています。

DSCF3054.jpg

パーツの形状は、そんなにいじってないと思う・・・
肩は幅つめしたかも。
今度、現物見せます(汗)


でわ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

拓

Author:拓
大きいガンプラを中心に製作しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。